子どもの適正

中学受験は地域によってはやって当たり前のものと認識されており、多くの小学生が受験を受けるところもあるといいます。中学受験を実施している学校には色々あり、中には高度な教育を受けることが出来るところもあり、入学できれば将来の選択肢も大きく広がります。中には特殊なタイプの中学校もあるので、学校の特徴なども考慮して、一番適切な学校を選びましょう。

中学校の選び方は、受験の難易度や偏差値の差など、様々な条件で決まっていきますが、特に高い能力が求められる学校については、子どもの適正が深く係わるようになるといいます。偏差値が70から80に入るような学校だと、学校の試験の難しさもさることながら、子どもが精神的に成長しているなど、授業とは別の成長も期待されているので、子どもによっては全く適正が合わないこともあります。

学校の選択は親が行うことが多いですが、親が選んだ学校が子どもに合うかどうかは分かりません。偏差値が合格圏内に含まれていたとしても、学校の校風や通う生徒など、様々な要因が子どもに合わないことがあります。こうした相性は非常に重要で、無理して子どもに通わせても、何のプラスにならないのがほぼ間違いないので、志望校を選ぶ際は子どもがその学校にあっているかも考えましょう。