勉強以外の教育

公立の中学校よりも、もっと上のレベルの中学校に子どもを入学させるには、子どもに中学受験を突破してもらわなければなりません。学校によっては、小学校では習わない高難度の問題も出てくるので、受験年の数年前から学習塾などに通い、準備期間を過ごしてもらわなければならず、子どもにとっては自由な時間が減る厳しい生活を送る事になります。そんな中でも、子どもに対する勉強以外の教育は、非常に重要な要素となることがあります。

中学受験に受かる得た目には、受験対策以外の勉強は不要と考える方も少なくありませんが、毎日勉強だけを繰り返しても、勉強が出来るだけの人になってしまうことも考えられるので、勉強以外の教育の時間も、合間合間に加えるようにしましょう。勉強とはいっても、受験対策と同じような勉強とは異なり、勉強の休憩時間にでも子どもと話してみたり、休日に一緒に出かけたりと、様々な体験で心を育てるのが、勉強以外の教育の一番のポイントです。

中学受験では、学力試験だけでなく、面接も行うことがあります。この時、子どもの精神的な成長が望めないときは、合格率が非常に下がるといわれているので、子どもにはちゃんと精神的な成長が望める機会を作るようにしましょう。勉強ばかりやらせずに、時には思い切り遊ばせるなど、精神的な成長が望めるよう、様々な方法で子どもの頭を刺激してあげて、精神的な成長を促してください。