塾の友人作り

中学受験に合格するためには、長い時間を掛けて受験対策を進める必要があります。学習塾での授業は、学校だけで学べない高難度の中学受験の対策として利用されており、毎年多くの小学生が中学受験対策として入塾しています。学習塾は、ただ単に勉強を学ぶだけでなく、友人作りにも利用されることが多く、塾でだけ合う友人に会うのが楽しみという話もよくあります。

学習塾では、単純に勉強するだけでなく、塾での友人作りも成績に変化があると考えています。例えば小テストのように小規模な問題のテストなどを通して、点数を競い合うことによって勉強のモチベーションを生み、友人同士で切磋琢磨することで、双方の成績の向上と問題への理解の向上を促すことが出来ると考え、休み時間など、生徒と会話する機会を積極的に設けています。

塾で合う友人というのは、学校の友人とはまた違った立ち位置にあります。学校が終わった後も長時間勉強するという、通常とは違った生活環境を共に過ごすことで、自然と友人間の連帯感が生まれます。こうした考えは勉強のモチベーションにも深く影響しており、自分一人しか努力していないと考えるよりも、友人と一緒に努力していると考えるほうが、成績にも良い影響を与えるといいます。