復習の重要性

中学受験では幅広い範囲に対応できるよう、長い期間を掛けて準備を進めていくことが何より重要です。学校にもよりますが、場合によっては公立中学や高校で学ぶ範囲にまで対応する必要があるので、準備期間は長ければ長いに越したことはありませんし、過去に分からないまま放置したままの問題があると、後半の授業についていけなくなることもあります。

中学受験に合格するためには、様々な問題に対応できるように、出来る限り多くの知識を身につける必要があります。そのため復習の重要性は非常に高く、毎日の復習を怠るだけ合格からは遠ざかると考えてください。学習塾ではどんどんテキストを読み進めていくことになり、ペースが遅い生徒はそのまま授業に追いつけなくなることもあるので、毎日の復習で、分からないところを解消できるよう家族でもサポートしましょう。

復習を行う際は、分かるところまで遡ることが肝心です。分からないところをそのまま放置すればそれだけ不利になるので、授業についていけなくなっている時は、普段より時間を掛けて復習させましょう。長期休暇中の勉強は授業が進まない分、特に復習に力を入れることが出来るので、それまでに成績が伸び悩んだり、苦手な問題がある際はそれらの解消を目指しましょう。