偏差値は気にしすぎず

中学受験を受ける際、学校が指定している偏差値を参考にすることで、子どもの実力に合わせた学校を探すことができます。もし偏差値が子どもの偏差値より高い場合は、それを目標値にして、学習塾などで勉強を重ねて、受験日には合格圏内に入るようになるまで偏差値を向上させましょう。子どもによっては、偏差値の上昇が勉強のモチベーションに繋がることもあります。

偏差値の存在は目標となる学校の合格圏内を知ったり、現在の子どもの実力を把握する上で役立ちますが、その数値ばかりに気を取られる必要はありません。あくまで偏差値は目安の数値として活用するもので、現時点での偏差値が悪かったとしても、本番で成功さえすれば前の偏差値が悪かったとしても何の問題もありません。なので、子どもの偏差値が低かったとしても、叱ったりせずに、偏差値が低くなった原因を考え、解決することに力を入れましょう。

偏差値を過度に気にする必要は全くありませんが、上がるに越したことはありません。偏差値を上げるには、全体の平均点よりも高い点数を取る必要があるので、偏差値を上げるにはとにかく基礎学力を上げるしかありません。一夜漬けで偏差値を一つ二つ上げても、あっという間に変動してしまうので、目の前の偏差値に一喜一憂するよりは、地道に知識を貯えて、受験日までに偏差値を合格圏内にまで引き上げ、キープすることを目標にしましょう。