模試の使い方

中学校への進学は、地域によって様々な傾向が見られます。公立高校に通わせる方が圧倒的に多いところも有れば、中学受験を受けさせるのが当たり前というところもあり、中学受験が当たり前という地域では、小さいうちから子どもを塾に通わせ、模試などを積極的に行っているそうです。学習塾で行う模試は、塾内での偏差値や志望校の合格基準を満たしているかの確認などに使われています。

学習塾の模試の結果は、中学受験を成功させることが出来るかを調べる上で、大変参考になるデータではありますが、それに気を配りすぎるのも考え物です。志望校の合格基準を満たせなかったとしても、最終的に合格すれば問題は無いので、子どもを叱ったりする前に、間違えた箇所を確認して、分からなかった理由を考えるほうがよほど建設的ですし、子どもにとってもプラスになってくれます。

模試は問題が無いかどうかの確認に使うのが、最も有効的な使い方と言えますが、他の使い方としては、勉強に対してのモチベーションの維持に活用するという使い方があります。最終的には受験に合格しないと意味が無いとはいいますが、やはり良い点数を取るのは子どもにとっても嬉しいものなので、勉強に対するモチベーションを持ってもらうために、模試で目標点数を取ったら何かご褒美を上げるなど、モチベーションが上がるきっかけを与えるのも良いかもしれません。