集中力のつけ方

初めて子どもに中学受験を受けさせる場合、まずは子どもに毎日勉強させる習慣をつけることが大切です。中学受験の内容は小学校の授業よりも遥かに難しく、かなり早い段階から地道に勉強させる必要があるので、早めに毎日勉強する習慣をつけることが出来なければ、合格できるだけの地力は付かないでしょう。とは言え子供のうちは集中力も途切れやすく、他のものに気が散りやすいので、集中力の付け方についてまずは考えてみましょう。

勉強のための集中力を身につけさせるには、まず勉強するきっかけを与えるのがベターな方法とされています。一日数時間勉強すれば、ゲームなどの遊びを許可するなど、勉強を終わらせれば良いことがあると認識させることで、勉強中の集中力を身につけさせます。この時手元に勉強の妨げになる娯楽品はを置かないようにしましょう。

子どもが勉強に興味を持ってくれれば、集中力はより強く身についてくれます。勉強に興味を持つきっかけは子どもによって異なり、塾で友達と点数を競ったり、新しい知識を持つことに楽しさを覚えてくれたりと、様々なきっかけがあるので、そうした自分なりのきっかけを見つけてくれるように、家族で子どもの勉強をサポートしてあげましょう。