食生活の大切さ

公立の中学校は、誰でも入学することが出来る代わりに、全員が同じレベルで勉強するために、学習範囲が狭くなるなど、学力の上昇が望めないと考える方が少なくありません。そのため、もっとレベルが高い中学に通わせるために、中学受験を子どもに受けさせる家庭が多く、学習塾に通わせたり、勉強を見て上げたりと、様々な形で子どもを勉強させていますが、子どもに出来るサポートは勉強以外にもたくさんあり、特に食生活の管理は、子どもの成績アップに深く係わっています。

小学生の身体は、まだまだ多くの成長を遂げ、大きくならなければならない時期にあります。そんな時期に塾に通わせて、コンビニのパンや弁当を食べさせるような食生活が続くと、子供の成長に何のプラスも与えません。少しでも子どもに栄養バランスの取れた食事を与えて、子どもをしっかりと成長させましょう。十分な栄養補給が出来れば、子どもの身体はもちろん、脳の活動も活発になり、授業内容もより多く吸収できるようになるでしょう。

学習塾の講師によっては、親が行う子どものサポートは、勉強よりも育児のことを優先して行うべきだとしています。勉強については塾講師が指導することが出来ますが、生活環境の改善については、一緒に暮らす家族でしか対応することが出来ないので、無理に勉強を教えるよりも、普段の食生活を大切にして、子どもの健康を守ることに力を入れるようにしましょう。