遊びの時間は必要か

中学校の選択は、今後の子どもの人生の選択肢を広げる上でも、非常に重要な要素といえます。中学受験を成功させるには、それ相応の努力が必要となりますが、受験勉強のためには、時には遊びの時間も返上して、常に机の前に立つような生活も送らなければならないと考える方も少なくありません。逆に子どもには遊びのための時間が必要だという意見も見られますが、どちらの言い分が正しいのでしょうか。

中学受験における遊びの時間の有無については、子どもの年齢や現時点での成績など、その時々の状態で判断すると良いでしょう。まだ小さいうちから勉強漬けで過ごすと、後半から息切れしたり、子どもの精神の成長の機会が失われていきます。逆に常に遊び続けるような生活だと、上がる成績も上がらないので、あくまでガス抜きのための時間として、少しだけ遊びの時間を用意するようにしましょう。

遊びの時間は一人で遊ぶよりも、誰かと一緒になって遊ばせたいところです。人とのコミュニケーションはこの上ない情操教育の場となるので、自分から遊びに誘うことが出来る社交性を身につけさせましょう。そして、休日もたまには家族と一緒に過ごす時間を設けることで、家族間の連携が増し、子どもに何か変化が起きたときも、すぐに気付くことが出来るようになり、問題が起きたときの早期解決の糸口にもなってくれます。