追い込ませない指導

子どもが通う学校は色々ありますが、中学校では地域ごとに違った特徴があり、地域によっては公立中学校の質が極端に悪いところもあるといいます。特にゆとり教育後は学力低下が問題される傾向が強くなり、多くの方が私立や国立の中学校に子どもを通わせたいと考えるようになっています。そうした状況もあって、中学受験に合格するための勉強を子どもに行わせるご家庭も増えていますが、その目標をきちんと達成するためには、いくつかの注意点を予め知っておくことが大切です。

中学受験の際の子どもの教育は、追い込ませないことを念頭に考えることが大切です。中学受験自体の難易度の高さを考えれば、勉強時間は多いにこした事は無いように感じますが、変に受験を意識して子どもを追い込みすぎると、激しいプレッシャーでやる気を逆に阻害してしまうことがよくあります。小学生のうちは中学校の良さなど分からないので、もっと別の方法でやる気を起こさないと挽回は非常に困難です。

中学受験に対するプレッシャーは、生徒以上に親が強く感じていることが多いです。それをやる気に転換できればいいのですが、あいにく親がやる気になっても、子どもには伝わりにくく、子どもに余計なプレッシャーを与えることも多いので、中学受験は落ち着いて行動して、子どもに負担をかけないように配慮することが大切です。