親の指導は不要?

公立の中学校は、ここ数年の間に学力低下が問題視されており、地域によっては校内の治安も決して良いとは言えない学校も目にすることができます。そうした中学校しか近くにないという方は、中学受験を受けて私立や国立の中学校に通わせることで、より高レベルの授業を受けさせることが出来るようになります。その代わり合格するためには学力試験などで好成績を残す必要があるのですが、そのためには親の指導も必要になるのでしょうか。

親が子どもに勉強を指導するのはそう珍しいことではありません。少なくとも小学生の間に子どもに勉強を与える機会は、親として生きていれば必ず出てくるはずです。ただし、中学受験対策の勉強についてはその限りではなく、保護者であっても中々解答できないレベルの問題が掲載されていることが多いため、親の指導が要領を得ず、塾の指導も受けていた場合、両方の指示で子どもが混乱することもあるので、その点は注意してください。

親の指導に関しては、学習塾では基本的に行わないよう遠慮してもらうことが多いといいます。特に学習受験未経験者の場合は、ついつい指導に力を入れようと躍起になり、かえって子どもに悪影響を与えることもあるので、その点だけは気を配るようにして、親の指導に関しては、勉強よりも食事などの一日の生活をサポートすることに力を入れるのをオススメします。