自宅学習は困難?

日本の義務教育は中学校卒業までと設定されていますが、ゆとり教育政策によって、中学校の教育の質が低下したのではという意見が見られるようになった結果、よりレベルの高い中学校に子どもを通わせたいと考える保護者が増えました。中学受験の内容は、小学校の勉強よりも遥かに難易度が高いため、小学校の授業だけでな合格するのは不可能です。そのために自宅で受験対策を行おうとお考えの方もいますが、自宅学習による試験の合格は非常に困難と言われています。

自宅学習による受験対策が非常に難しいとされているのは、中学受験の難しさが係わっています。小学生が受ける受験なら簡単に教えられると考える親御さんも多いのですが、中学受験の内容は普通の小学校のテストとは異なり、より深い理解力を求める問題が多く、それを知ってもらうための指導法も非常に難しいといわれています。そのため受験対策を自分たちだけで行うのは、事実上不可能だと考える方が多いです。

自宅学習だけで中学受験に挑戦するのは困難ですが、だからといって自宅学習をしないで良いというわけではありません。自宅での学習は学校や塾で学んだことを復習し、次回に繋がる予習を行う大事な学習なので、学習塾に通うからこそ、特に力を入れてやるべき勉強といえます。