進学先の選択の注意点

中学受験の際は進学先の選択に特に気を配る必要があります。受験制度を採用している中学校はたくさんありますが、学校によって試験の難易度が異なり、基準となる偏差値にも差がありますが、それに加えて学校の校風などにも違いが出てくるので、自分が理想とする学校に子どもを通わせることが出来るかどうかも、始めの進学先の選択で決まります。

進学先の選択は、特に早いうちから決定するのが一番です。試験勉強前の時点で前もって目標となる学校や偏差値が定まっていれば、それを目標にすることで、勉強に対するモチベーションを維持することができます。そのためには、子どもにも中学校を選ぶことの重要性を知ってもらうのが一番ですが、子どもには分からないことが多いので、勉強をさせるためには、中学校の良さをアピールするだけでなく、勉強が終われば遊んで良いなどの、分かりやすいプラスを用意したほうが良いでしょう。

進学先を選択する際は、偏差値ばかりに気を取られないことも大切です。偏差値が高い学校の大半は、より高い精神年齢を子どもに求めるなど、他の学校とは教育の考え方が異なり、子どもによっては適性が無い学校も珍しくありません。そんな学校に無理やり入学しても、子どもにとっては不幸にしかならないので、校風が子どもの性格にあっているかも、予めチェックするようにしましょう。